ヤブガラシ・スギナ・ドクダミを1年間毎日欠かさず抜き続けます。vol.1

2021/9/7

購入した中古物件に現れた厄介な雑草

庭付きマイホームを中古で購入したら庭が凄いことになっていた件

2020.10にマイホーム購入。

内見のときは綺麗でしたが、内見から2ヶ月後入居する時には雑草の無法地帯になっていました。

とりあえず駆除🪚

花壇も同じく

とりあえず駆除🪚

 

生えていたのはヤブガラシとスギナとドクダミという雑草

ググると、彼らはいわゆる厄介者だそうだ。

ヤブガラシもスギナもドクダミも、多年草で、地下茎が少しでも残っているとそこから勢力を伸ばしてまた生えてくるよう…

駆除するにはすべての地下茎を残さずに駆除する必要があるとの事でした。

やべーヤツじゃん!!笑

まずは何も考えずに掘り返してみた結果

これが最長の地下茎でした(笑)

 

相当頑張りましたが、長年放置していたのでしょう。

とてもじゃないけどヤブガラシとスギナ、なんならドクダミもありましたが、全て駆除するのは絶対に無理。

【対策1】何かで蓋をする

天然芝で蓋

これはどれだけ効果があったのかはわかりませんが、そもそも敷き詰めたいと思っていた天然芝で蓋をしました。

防草シートで蓋

この写真の右側は、防草シートを敷いて、さらに砂利をかけてます。

 

ただ、芝生はもちろんですが、防草シートも、スギナ・ヤブガラシは突き抜けてきます。

【対策2】光合成をさせないように毎日ひたすら抜く。

ヤブガラシ・スギナ・ドクダミは楽に駆除は出来ない

楽に駆除できるなら厄介な雑草なんて呼ばれない。

そう思ったので、とある実験を、1年間続けてみようと決意しました。

1年間毎日欠かさず地上に出てきたら抜いてみる!

これを実行しているブログなどは見当たらなかったし、根気がいるので誰もやっていないのかもしれない。

毎日抜くことで光合成出来ないからそのうち地上に出てこないのではないかというとても浅はかな考えではあります。

が、やる前から意味が無いと判断するより、まずは検証をしてみようと思いました。

今このブログを書いているのが2021.9ですが、2021.4の春から毎日欠かさずヤブガラシとスギナを抜いています。

半年間、ヤブガラシとスギナとドクダミを抜き続けた途中経過

ドクダミについて

ドクダミは芝生エリアの一角に生えてましたが、7月くらい(抜き続けて3ヶ月)から、生えてこなくなりました。

もちろん季節的なものかもしれないので、来春に芽が出てくるかどうか、検証待ちです。

スギナについて

春先から6月くらいまではかなりの勢いで毎日芽を出してましたが、毎日抜くことで9月現在は勢いが弱まっている様子。(これももちろん季節的な影響の可能性あり)

引き続き毎日駆除を続けます。

ヤブガラシについて

スギナの勢力が弱まり始めた7月くらいから、急に芽を出し始めたヤブガラシ。

9月現在を毎日元気に芽を出してます。

こちらも引き続き毎日駆除を続けます。

乞うご期待

今のところ、季節依存はありそうですが、ドクダミとスギナは効果が出てきた様な気がします。

来年にならないと、3種とも何とも言えませんが、今はひたすら出て来たら抜いてます。

同じ悩みを持っている方が必ずたくさんいると思います。

自分に庭を荒らさないためにも、私は今日も抜き続けます!

投稿者:気まぐれWEBLOG管理人